園原 徹 写真展/Work in the Wildness

2018.5.19(Sat)〜7.8(Sun)

クマ。僕がもっとも心を奪われている動物。
幼いころ目にした雪の上に続く野生のクマの足跡。 高鳴る胸の鼓動を感じながら 少しだけその足跡を追ってみたことを憶えています。 足跡はその先にある暗い森の中へと消えていました…… それは今でも頭から離れない光景。 いつしか野生のクマを求めて、 僕はアラスカの荒野に立っていました。 あの時見た足跡はアラスカの荒野へと 続いていたのかもしれません。 やがて、一年の数ヶ月間をテントで生活し、 荒野の中で野生動物の姿を写真に収めるようになり、 それを仕事とするようになりました。
“Work in the Wildness” では20余年にわたり アラスカの荒野で撮影した様々な動物たちの表情に加え、 大自然の姿もまじえて展示いたします。 2メートル×3メートルの大型写真パネルや、 等身大のシロクマ写真、撮影で使用した カヤック、テントやキャンプ用具を ジオラマで展示いたします。
きっと、アラスカの大自然の中にいる錯覚に 陥っていただけることでしょう……
写真家・園原 徹
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・
園原徹/TORU SONOHARA
1966年長野県生まれ。北海道酪農学園大学卒業。 大学時代に初めて訪れた厳冬期のアラスカ。毎年多くの時間を荒野で過ごし、 野生動物や原風景の撮影を始める。アラスカのみならず中南米、アジアからヨーロッパ各地を放浪。 船の仕事にて世界一周。辺境地のトレッキングガイド、撮影ガ イドも経験する。 旅をした国は35カ国以上に及び、各地で撮影した写真は、新聞、週刊誌、アウトドア雑誌、 カメラ雑誌などに掲載される。Mamiya AFDIIのカタログイメージを担当。 衛星放送にて写真放映。AM、FMラジオ出演。テレビ出演。 環境問題をテーマに大学非常勤講師。各地でスライド・トーク、 写真展も開催している。
ウェブサイト HTTP://DANCE-WITH-BEAR.WIXSITE.COM/TORU
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Opening Reception/2018.5.19(Sat)  17:30〜19:30

第九弾アート講座/2018年6月3日(日)14:00~15:30(参加費:無料)
第十弾アート講座/2018年7月8日(日)17:00~18:30(参加費:無料) /Closing Party 19:00~

園原 徹 写真展/Work in the Wildness