「岡本かの子にみる”多情仏心”とは?」

画家:木村了子 × キュレーター:仲野泰生(京都場 館長)

岡本太郎の母・かの子の生き方を羨ましく思う木村了子と岡本太郎を敬愛するキュレーター仲野泰生が作品を通して女性作家の表現、生き方について語り合います。ぜひご参加ください!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日時:4月7日(土曜日)
時間:14:00〜15:30
場所:京都場
参加費:無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

木村 了子/Ryoko Kimura

1971年、京都府生まれ。
1997年東京藝術大学大学院修士課程壁画専攻修了。伝統的な日本画の技法、様式を用い、現代の美男子たちを「美人画」としてファンタジックに描く。現実の男性とは違ういわば架空の「イケメン」という存在として、扇情的でありつつも客観的な視点で表現している。http://ryokokimura.com/

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

仲野 泰生/Yasuo Nakano

仲野 泰生(なかの やすお)1955年東京生まれ
1978年 横浜国立大学教育学部美術科卒
1981年 横浜国立大学大学院教育学研究科修了
1995年 川崎市岡本太郎美術館準備室に学芸員として参加
1999年 川崎市岡本太郎美術館開館                    現在 京都場 館長/元川崎市岡本太郎美術館・学芸員